四天王寺の骨董市お彼岸の日程!着物と赤飯に注目!

大阪にある四天王寺では、毎月骨董市が開催されます。正式には四天王寺大師会(弘法大師忌)と称され、骨董はもちろん、食べ物や日用品のお店など多くの露店が出店し、「四天王寺なら何でもそろう」といわれるほどです。

骨董市といわれているものの、雑貨や服、食器やカバンに至るまで、あらゆるものがそろう四天王寺骨董市は、開催時には多くの人でにぎわいます。

お祭り感覚で楽しめる四天王寺の骨董市、お彼岸の開催の日程や出品されている着物について紹介していきたいと思います。また、四天王寺骨董市で有名な赤飯についてもお伝えします。四天王寺骨董市に行く前に、しっかりリサーチしていきましょう。

スポンサーリンク

四天王寺骨董市のお彼岸の日程

四天王寺骨董市は弘法大師の月命日である毎月21日に開催されていますが、お彼岸のシーズンには1週間露店が出店しています。月によっては聖徳太子の月命日でもある22日も開催される月もあります。

お彼岸の際には、ご先祖様の供養のための法要が執り行われ露店も出店します。お彼岸の際の出店は彼岸会ということになりますが、21日も含まれる日程になっているので皆さん総称して骨董市としてとらえているようです。

2019年のお彼岸の際の骨董市の日程は、春の彼岸会は3月18日~24日の開催でした。秋季彼岸会は9月20日~26日の予定です。

骨董市が開催される場所は、四天王寺境内一円でかなりのスペースがあります。その広い境内には毎月約300ものお店が出店しており、お店を見て回るだけでも一日中楽しむことができます。

四天王寺骨董市は雨の時はどうなるの?

四天王寺骨董市は、お寺の境内で行われるため屋外です。そうなると心配なのはお天気情報ですよね。しかし、基本的に雨でも四天王寺骨董市は開催されます。

お店によっては閉店しているところもありますが、雨の度合いによってはたくさんのお店が開いていることもあるため、ねらい目です。

基本的に骨董市が複数日開催されている場合、最終日になるにつれ、商品が安くなっている場合が多いので、初日が雨で二日目のみの開催というときには特にいいものが安価で入手できるチャンスかもしれません。

雨天時はお客さんも少なくなる傾向にあるので、ゆっくりお店を回ることもできます。しかし、雨の度合いが強い場合などは、ほとんどのお店が閉店している可能性もあるので、注意しましょう。

四天王寺骨董市では着物が注目!

四天王寺骨董市では着物の販売も行われています。アンティークの着物がとっても安価で売られているので、とってもお買い得です。一般の着物店ではなかなか見ないようなデザインのものも多く、見ているだけでも楽しむことができます。

金額は各お店で様々ですが、一着500円から販売しているお店もあります。これまで着物に興味はあったけれど、なかなか着物をそろえる機会がなかったという人にはぜひのぞいてほしいお店がたくさんあります。

着物はもちろん帯や小物などの販売もあるので、お出かけのワンポイントに使うこともできます。

着物を選ぶのに迷うときや、初めてでどんなものを選ぶといいかわからないという人でも、お店の人がアドバイスをくれたり、着物についての知識を教えてくれたりするので安心して購入することができます。

一般的に、お店の中でハンガーにかかっていたり、目立つところに置かれていたりするものはそのお店の目玉商品のことが多いです。

ほかには、お店によっては平置きであったり、山のように着物がおかれていたりするところもあるので、その中から掘り出しものを探すというのも宝さがしみたいで面白いですよ。

スポンサーリンク

四天王寺骨董市で評判の良い赤飯とは?

四天王寺骨董市は、骨董以外に食べ物のお店も多く出店しています。お買い物の合間に小腹がすいたら食べられるようなたこ焼き、焼き芋などの露店がたくさんあります。大きな氷柱が目印のわらび屋さんあり、どれも人気のお店です。

しかし、中でも人気なお店が赤飯のお店です。このお店、ほかにも大福などの商品がありますが、看板商品は赤飯で、いつでも30分待ちは確実というほどの人気があります。

お買い物の間に減ったお腹を満たしてくれるほくほくの赤飯は四天王寺骨董市に行かれた際はぜひ食べてみてほしい一品です。一つ380円なので、おみやげにもいいかもしれませんね。

まとめ

大阪の四天王寺骨董市は毎月21日に約300店舗が出店する大きな市場です。骨董品はもちろん、着物や日用品に至るまで様々な商品が並びます。

特にアンティークの着物は出店数も多く、かなりの安価で売られています。着物が初めての方でもお店の方に教えてもらうこともでき、安心して購入することができます。

お買い物の合間にお腹がすいた時には、たこ焼きなどの食べ物の屋台もあるので小腹を満たすこともできます。中でも赤飯が人気で、いつも行列ができるほどです。お土産にも適していますのでぜひ食べてみてください。

四天王寺骨董市は雨天でも開催されているので、お天気が悪い時でも楽しむことができます。普段のお店では出会うことのないような、とってもユニークな品が欲しいという方はぜひ、四天王寺骨董市を覗いてみてください。

四天王寺の骨董市の場所は?アクセス方法は?駐車場は?

四天王寺の大師会とは?蚤の市とは?弘法市とは?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする