庭の剪定は自分でやれる?最適な時期と必要な道具はコレ!

庭の剪定を庭師さんにお願いすると結構な金額がかかりますよね。しかし、そのまま放っておいて庭の植木は年々伸びて荒れた庭になってしまいます。

自分で庭の剪定が出来ればいいんですが、知識や経験がないので本当に剪定が出来るのか、また、下手に剪定して植木が枯れてしまわないか心配になりますよね。

そこで、庭の剪定を自分で出来るのか、庭の剪定の最適な時期や必要な道具についてお伝えします。

私も自宅の庭の剪定を自分でやっているので私が実際に剪定しているやり方や注意点も一緒にご紹介します。ぜひ、参考になさってくださいね。

スポンサーリンク
  

庭の剪定は自分でやれる?

庭の剪定は自分でもやれます。私も見様見真似でやり始めましたよ。

家を建てたころはシルバー人材センターに頼んで剪定してもらっていましたが、やはり結構な金額がかかります。さらには、日程の調整もしなければいけません。

自分でやる時は自分で予定を立てて自分のペースででき費用もかかりません。が、体力と時間はかかりますね。私が庭の剪定をする時は、一日何も予定がない日を選び1日~2日かけてやりますよ。

庭の剪定は何か特別な技術と知識が必要で手を付けられないと思っていませんか?

もちろん、お茶室の観賞用のお庭だったり、特別な植木がある場合は経験豊富な庭師にお願いする方が良いですが、植木が成長し伸び放題になっていてとにかく短く切りたいという場合は自分で剪定をやっても構わないですよ。

私は、2階のベランダから庭を眺めて枝葉が伸びて生い茂ってきたなと思ったら、いつ剪定をしようかなと考えます。1年に何回とか先に決めてしまうと気が重くなってしまうので気になったら剪定しよう!という考えで大丈夫ですよ。

庭の植木の剪定が終わってすっきりとなった木を見ると気分もすっきりしますよ。

どうですか。かなりすっきりとなったでしょう。ここまで剪定するのにかかった時間は6~7時間ほどです。一人でやるとかなり疲れるので、2日に分けてやるといいかもしれませんね。

かなり短く刈り込んでますが、2年ほど経つと剪定前の状態まで枝葉が伸びてしまいますよ。

庭の剪定の最適な時期

庭の植木の剪定をする時期には適した時期は年に2回あり、春と秋です。真夏や真冬は避けた方が良いでしょう。庭が生い茂ったからと言っていつでも剪定して良いというわけではありません。

私も最初は何も考えずに剪定をやったら、つつじの花が咲かなかったことがありました。花を咲かせる樹木は花が咲き終わった後に剪定します。剪定をする前にその樹木の開花時期を確認してから剪定する時期を選びましょう。

私はあまり気温が上がらない春先に剪定することが多いですね。最初の頃は良く考えずにやっていたのでつつじの花が咲く前に葉先を摘み取っていたようでした。つつじの花は咲かないわけです。

私の家の庭のつつじの開花時期は5月上旬から下旬です。春先に剪定する時はつつじの木は触らず、花が咲き終わってから葉先を剪定するようにしています。

椿もありますが、椿の花の開花時期は冬なので、椿の花が咲き終わった春先が剪定時期に適してます。

その他の樹木は春か秋の暑すぎず、寒すぎない日を選んで剪定をやっています。

スポンサーリンク

庭の剪定に必要な道具

では、次に庭の剪定に必要な道具をご紹介していきますね。わたしがいつも使っている道具は剪定ばさみと高枝切りばさみとのこぎりです。

手が届く位置の枝葉を切り落とす時は剪定ばさみを、高い木の枝葉を切り落とす時は高枝切りばさみを使っています。

のこぎりは手が届く範囲の大きな幹や、高くなりすぎた木を短く切り落としたい時に使うので利用頻度は一番少ないです。

一番使いやすいのは剪定ばさみです。枝や葉の状態を見ながら不要な部分を切ってます。

自宅の庭の剪定に必需品が高枝切りばさみです。よくテレビショッピングで見かけるたびに「こんなの買っても使えないんじゃないの?」と、思ってみていましたが、高枝切りばさみが無いと私の庭の剪定は終わりません。

高枝切りばさみの先端に剪定ばさみとのこぎりが付いていて、この2つを用途によって使い分けています。年に一度、1~2年に一度しか使わないですが、切れ味抜群なんです。

ただし、高いところの枝葉を切る時には 一番長く伸ばして使うので思い通りに使う事が難しく、また、非常に重さを感じてしまいますがコツを掴みつつ使っています。

その他に脚立があれば便利ですね。脚立を使う時は転倒に気を付けしっかりと固定してからつかってくださいね。

服装は長袖長ズボン、軍手に帽子、サングラスやゴーグルがあるといいですよ。切りくずを頭から被ってしまうのと、庭は虫も多いので全身防備できる服装にしておきましょう。

まとめ

今回は、庭の剪定を自分でやれるのか、剪定をする最適な時期と必要な道具についてお伝えしましたが、いかがでしたか。

庭の剪定を自分でやるようになってからは近所のお庭の樹木がどのように剪定してあるのかよく観察するようになりました。同じ樹木でも剪定の仕方が様々できれいに剪定されている庭を見ると心が和みます。

毎日、目につく自分の家の庭はいつもすっきりと剪定されていてかわいいお花が咲いているといいですよね。

お手入れの行き届いている庭を見ると気分も良いものですよ。

紫陽花の地植えの植え替え方法は?間隔は?肥料は何が良い?

エアコンクリーナーを使う時に準備するものは?使い方は?おすすめは?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする