天王寺動物園の営業時間は?回るのに時間は?おすすめの動物は?

天王寺動物園は大阪市民ばかりでなく みんなに優しい動物園です。入園料もとってもリーズナブル!お休みの日には家族みんなで訪れたい動物園ですね。

ここでは、天王寺動物園の営業時間や園内を見学するのにどれくらいの時間が必要なのか、また、おすすめの動物をご紹介します。

さあ、それでは早速、動物園に入園することにしましょう。たくさんの動物たちが皆様を迎えてくれますよ。さて、どの動物たちから見ていきましょうか。

天王寺動物園の営業時間は?

動物園は、どなたにとっても子供の頃から行ったことのある懐かしい場所ですよね。また、大人になって来てみたら、子供のときとは違って、なんだか癒される場所と思われる方も多いのではありませんか。ゆったりとした動物たちを見ていると、日頃の忙しさやイライラも忘れてしまいますよね。

さて、それではここで天王寺動物園の営業時間をお伝えしておきましょう。

営業時間は、午前9:30から午後17:00までとなっています。入園は午後16:00までは入れますよ。また、5月と9月の土日祝については、午後18:00まで開園しています。この期間は、入園は午後17:00までです。

休園日は毎週月曜日になりますが、月曜日が休日の場合は、翌平日が休園となりますので、休園日には注意してくださいね。

天王寺動物園を回るのに時間はどれくらいかかる?

天王寺動物園の広さは11ヘクタールと言われています。しかし11ヘクタールと言われても、なんだかピンと来ない感じがしますね。東京ドームの広さは4.7ヘクタールと言われていますので、東京ドームの2.3個分と言えばわかりすいでしょうか。

ところで、皆様はこの広さの天王寺動物園を回るのに、どれくらいの時間がかかると思われますか。しかし回ると言っても、大人だけで回るのか、お子様連れで回るのかによっても違ってきますね。

例えば大人だけでふつうに回るとするならば、天王寺動物園は約2時間ほどで回れるでしょう。しかし、ゆっくり回ったり、お子様連れだと、3時間くらいをみておいた方がよいかもしれません。

スポンサーリンク

実際、動物園は急いで回るところではありませんから、ゆっくり回って、いろいろな動物たちを見てくださいね。

天王寺動物園のおすすめの動物は?

ところで、皆様が好きな動物はどのような動物でしょうか。天王寺動物園は100周年を迎えた歴史のある動物園ですが、あらゆるところに工夫された動物園なのですよ。

いろいろなゾーンに分かれていて、動物がいるところだけでなく、通路などにもさりげなくそれぞれの動物に関するものが展示されていたりします。

ゾーンはカバやキリン、ライオンなどが暮らす「アフリカサバンナゾーン」や、アジアゾウが暮らしている「アジアの熱帯雨林ゾーン」や、爬虫類生態館「アイファー」、「ふれあい広場」などがあります。また、鳥の楽園には様々な鳥がいます。その他にも、コアラ館やホッキョクグマもいますよ。

また、このコアラは天王寺動物園で人気ものです。しかし、コアラだけでなく象もキリンもホッキョクグマもみんな人気ものなのですよ。それぞれに特徴があり、どの動物を見ていても飽きることはないでしょう。

また、イベントのひとつである、夜に動物を見ることができる「ナイトZOO」はとても人気があります。こちらは季節ごとに行われており、夜の9時まで開園しています。普段は見ることが出来ない、動物たちの様子や、夜の食事風景を見ることができますよ。

仕事の帰りに寄る方も多く、夏のナイトZOOならば、限定メニューとしてビールやカップアイスなどが販売されています。その他にも音楽イベントなどがありますよ。

まとめ

天王寺動物園の営業時間は午前9:30から午後17:00までです。最終入園は午後16:00までとなってます。5月と9月の土日祝については、午後18:00まで営業しています。この時は、最終入園が17:00までです。

休園日は月曜日。

天王寺動物園は東京ドームの2.3個分の広さなので約2時間ほどで回れるでしょう。ゆっくり見て回っても3時間ほどで回れますよ。

天王寺動物園のおすすめの動物は「コアラ」「ホッキョクグマ」「ゾウ」「キリン」です。さらに、ナイトZOOでは普段見られない動物たちの夜の様子も見れて人気です。

さて、天王寺動物園についていろいろお伝えしました。今では動物園は、ナイトZOOや音楽イベントなどもあり、もう子供を楽しませるだけの場所ではありませんね。

日々の疲れも、動物たちに会いに行けば、きっと癒されることでしょう。もちろん子供たちにも大人気の動物園。ご家族やお友達とぜひお出かけになってくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする