甘酒の作り方 炊飯器を使って美味しく作るポイントと酒粕を使う時

飲む点滴と言われるほど栄養価の高い甘酒は、お酒という名前ですが子供でも飲むことができます。お正月やひな祭りなどの行事にはつきものの飲み物ですよね。

生姜や蜂蜜などいろんなものを入れることで、好みの味にアレンジができるところも人気の一つとなっています。また、市販でもよく見かける甘酒ですが実は、自宅でも簡単に作ることができます。実は甘酒が一番おいしいタイミングって出来上がった直後なのですよ!

おうちで作ると、出来立ての甘酒を飲むことができるので、とってもおいしい瞬間を味わえますね。初めてでも簡単に作ることができる甘酒の作り方と、おいしく作るコツをご紹介します。

また、酒粕を使った大人向けの甘酒の作り方についてもお伝えします。とっても簡単なので自家製の甘酒を作ってみてください。

スポンサーリンク

甘酒の作り方!炊飯器で作ってみよう!

基本の甘酒の作り方、炊飯器の場合

まず甘酒に必要なものはお米と米麹です。米麹は乾燥しているものと生のものがあります。どちらを使っても構いませんので扱いやすいほうを選んでください。

作り方はいろいろあるのですが今回は炊飯器で作ってみようと思います。

材料

  • お米1合
  • お米1合を炊くための水(360ml)
  • 生の米麹400g(乾燥の場合は200g。)
  • 水360ml

これだけです。

では実際に作り方を紹介します。

①柔らかめにご飯を炊きます。

②炊けたご飯に水360mlをゆっくり入れながら混ぜます。
この時炊飯器は保温モードのままにしましょう。
麹は60℃以上で死んでしまうので混ぜるときは60℃をキープできるように適宜温度を測りながら行いましょう。

③麹を加えしっかり混ぜます。
④炊飯器のふたを開けたまま濡れふきんをかけます。
このまま発酵させていくことで甘酒が完成します。

6時間ほどから甘くなりはじめ、8時間ほどで完成です。

適宜濡れふきんを濡らし乾燥を防ぎましょう。

⑤ペースト状になったら完成!
トロっとするようになったら完成です。
粒感のないさらっとしたものがお好みの方は、水を100mlほど多めにし、ブレンダーなどでなめらかに仕上げるといいでしょう。

甘酒を魔法瓶で作る場合

炊飯器を長時間使用するのが難しい場合は魔法瓶での作り方もおすすめです。

材料

  • 米麹 250g
  • 水 300cc

作り方

  1. 水をお鍋に入れ60℃くらいまで上げる
  2. 米麹を入れて65℃くらいまで加熱する
  3. 魔法瓶にうつす。この時、魔法瓶が冷えていると麹の温度が下がるので、あらかじめお湯などを中に入れて温めているとよいでしょう
  4. 8時間そのまま放置する

魔法瓶の場合は場所も取らずに放置できるのでおすすめです。

ワンランク上の甘酒を作りたい!という方は4時間ほどたった時に再度鍋で60℃近くまで温度を上げるといいでしょう。

甘酒の作り方、美味しく作るポイント

甘酒は簡単に作ることができますが、唯一気を付けなくてはいけないところは、温度調節です。麹は60℃以上で死んでしまうので温度が高すぎては失敗してしまいますが、温度が低すぎてはうまく発酵しません。

甘酒をおいしく作るポイントはこの温度管理をいかにきちんと行えるかにあります。

調理用の温度計を利用して温度管理を怠らないようにしましょう。

スポンサーリンク

甘酒の作り方、酒粕も使う?

先ほど紹介した甘酒は米麹を使っていたのでアルコール分はありません。しかし酒かすを使って甘酒を作るとアルコールの入った甘酒が出来上がります。

市販の酒かす入りの甘酒はアルコール度数がかなり低く、お子さんが飲んでも問題はないとされていますが、注意を促す但し書きがされています。

自宅で作る場合、アルコール度数がどのくらいになるかは難しいところなので、お子さん用には麹で作ったほうの甘酒を飲ませてあげましょう。

酒かすを使った甘酒のその他の特徴は、お米の甘みが出ないので甘味がないということです。そのため、お好みで甘味料を足して飲まれるのがいいでしょう。

作り方はとっても簡単です。

  1. 酒粕50gを鍋に小さくちぎります。
  2. 砂糖大さじ2、水300mlを入れ中火にかけます。
  3. 煮立ったら弱火にし10分煮ます。
  4. ざるなどでこし、お好みでショウガやはちみつなどを入れて飲みます。

麹を使わない分発酵させる手間がないのでとても簡単ですね。

酒かす甘酒と麹甘酒の違いは?

酒かすで作った甘酒と麹で作った甘酒の大きな違いは、アルコールが入っているかどうかというところにあります。しかし、飲んだ時の効果も違いがあります。

麹甘酒は飲む点滴と言われるほど、栄養価が高く、効能も酒かす甘酒よりも優れているといわれてきましたが、近年酒かす甘酒の驚くべき効能が明らかとなっています。

美肌効果や肌荒れ改善、便秘の解消、ダイエットにも効果があり、どれも女性にとってうれしいことづくめですね。日々疲れのたまりやすい方にはぜひ試してほしい飲み物です。

まとめ

とっても栄養価の高い甘酒はお子さんも飲むことができるのでおすすめの飲み物です。甘酒はお家で簡単に作ることができるので、自家製の甘酒にトライしてみるのもいいかもしれません。

できたてほやほやの甘酒は市販では味わえない格別のおいしさがあります。お子さんと一緒に楽しめる麹の甘酒か、女性にうれしい効果がいっぱいの大人向け酒かす甘酒か用途や好みに合わせて作り分けてみてください。

はちみつやショウガなどお好みの味を加えて、出来立てのおいしい甘酒を楽しんでくださいね。

白酒の作り方と美味しく作るポイント!酒粕を使う場合!

ひな祭りの白酒の由来は?作り方は?ノンアルコールもある?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする