成人式のお祝いのお返しは必要?お返しの品は?挨拶に出向くべき?

成人式を迎えられた皆様、おめでとうございます。

これからは、大人の仲間入りですね。

あなたの周りの方たちも、きっとお喜びになられていらっしゃることでしょう。

そして、いつも可愛がってくれるおじいさんや、おばあさん、ご親戚などから成人式のお祝いをいただいたのではありませんか。

ところでお年玉と同じように、成人式のお祝いというものは、お返しをしなくてよいものかどうか気になるところですよね。

では、成人式のお祝について、お返しが必要なのか?お返しの品は何が良いのか?挨拶に出向いたほうが良いのか?をお伝えすることにいたしましょう。




成人式のお祝いのお返しは必要?

成人式を迎える歳になれば、おそらくかわいい孫であるあなたのためにおじいさん、おばあさん、また小さい頃から可愛がってくれた、叔父さん、叔母さんからお祝いをいただくことでしょう。

お祝をいただいて、まずしないといけないことは、当然のことながらお礼を言うことですね。

成人式のお祝いを下さる周りの皆様は、心よりお祝いをしてくださるはずですから、感謝の気持ちをお伝えしなければいけません。

お祝をいただいたら、すぐにお礼をするようにしましょう。

そして、お祝いをいただいたらお返しすることが気になりますが、本来、成人式のお祝いはお返しをする必要はありません。

しかし、成人式のお祝いは、身内だけでするものではなく、お付き合いよってはご両親のお知り合いの方や、ご近所の方などからもいただくこともありますね。

そのような場合には、お返し無しというのも失礼ですので、いただいたお祝いの3分の1から半額をお返しすると良いでしょう。

成人式のお祝いのお返しの品は?

ところで、成人式のお祝いのお返しをするとなれば、何をお返しすればよいのか迷ってしまいますね。

一般的には、お菓子や、コーヒー、またはタオルなどの実用品がよく選ばれるようです。

これらの実用品の品物をお送りすれば、きっと喜んでいただけるはずです。

また、お祝いを下さったご家庭のお好きなものがわかっていれば、迷わず品物を選ぶことが出来ますね。

例えばお酒が好きな方にはお酒類を、紅茶好きならば紅茶のセットなど、すぐに決めることができます。

しかし、品物に迷ってしまったら、予算に合わせたカタログギフトも良いでしょう。

スポンサーリンク

カタログギフトならば、お祝いを下さった方が好きな品物を選べるのでいいですね。

また、お返しをする場合ののしは、紅白の蝶結びです。

表書きは、「内祝」、「成人内祝」、「御礼」などと書き、名前は成人式のお祝いをいただいた本人の名前を書きます。

お返しの品物をする時期は、お祝いをいただいてから1カ月以内にするようにしましょう。




成人式のお祝いのお返しに挨拶に出向くべき?

成人式が無事に済んだら、お祝いを下さった方が近くにお住まいなのであれば、ご挨拶にお伺いするのも良いですね。

晴れ着姿や、スーツ姿などでお伺いすれば、きっと喜んでいただけることでしょう。

しかし、お祝を下さった方が遠方にお住まいであれば、後日お手紙を送りましょう。

お手紙はもちろん手書きで、ご自分で感謝の気持ちを書くようにします。

その時に、成人式で撮った写真などを同封するとより喜んでいただけるはずです。

また、成人式のお祝いを下さった方へお返しの品物をお送りする場合は、品物にお礼状を添えるようにしましょう。

まとめ

成人式のお祝いのお返しは基本的に必要ありません。

地域性や親戚間での決まりごともありますので、まわりの人に相談しておきましょう。

しかし、感謝の気持ちを伝えることはとても大事です。

成人式のお祝いのお返しの品は 実用品が良いでしょう。

お祝いを頂いた方の好みをよく知っていれば、それをお返しの品にすると 相手側も喜んでくれると思いますよ。

成人式のお祝いのお礼に挨拶に行くほうが良いですね。

きっと、成人したあなたの姿を見てお祝いを贈って良かったと思うはずです。

さて、成人式のお祝いについてお伝えしましたがいかがでしたか。

今までは、ご両親にお任せしていたこともたくさんあったでしょうが、これからは責任のある大人として、ご自分でいろいろなことに対処していくことになりますね。

その一番はじめのこととして、成人式のお祝いのお礼やお返しから始めてみてはいかがですか。

ご両親もおじいさん、おばあさん、叔父さん、叔母さんも、大人になったあなたのことを、きっと嬉しく感じられることでしょう。

初詣の正しい参拝方法は?お賽銭はいくら?焚き火の意味は?

大阪で初詣に行くならばココ!ベスト3!

スポンサードリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする