富士山に登山する最適な時期は?必要な装備は?山小屋の予約は

富士山が世界遺産に登録されたのがいつのことだったか覚えていらっしゃいますか。その日は2013(平成25年)年6月22日のことです。富士山は本当に美しい山ですよね。

一度は富士山に登ってみたいと思われている方も多いことでしょう。今年は思い切って、お友達と富士山登山に挑戦してみるのもいいですね。それでは、富士山の登山に最適な時期や、必要な装備、山小屋の予約についてご紹介することにいたしましょう。




富士山に登山する最適な時期は?

皆様は、富士山を登るのに最適な時期をご存知でしょうか。その最適な時期は毎年、7月上旬から9月上旬までです。この期間は登山道が開通している時期で、正に登山シーズン。

富士山に登山するには、日帰り登山と泊まりで登山の2パターンがあります。また、週末は登山者がかなり増えます。なぜならば、泊まりで登山をし、山頂付近でご来光を見ようとする方々で混雑するわけです。

特に混むのは、田ルートです。いろいろな設備が整っている田ルートは、初心者にもおすすめのルートです。しかしながら、大変混雑するルートでもあります。

富士山で何としても、ご来光を見たいと思っていらっしゃる方はきっと多いことでしょう。しかし、ご来光は山頂のみでしか見ることができないわけではありません。山頂にこだわらずに、いろいろなポイントでご来光を見ることは可能です。

また出来ることなら、週末ではなく平日に登山をする方がゆっくりと、ご自分のペースで登ることができて良いでしょう。

富士山登山に必要な装備は?

富士山に登るにあたり、必要な装備がありますので見ていきましょう。まずは登山靴・トレッキングシューズです。やはりかなりの時間を歩きますので、底が硬い、ハイカットの登山靴は必需品です。

そして雨具は上着とズボンに分かれているものを用意しましょう。肌着は速乾性のものがおすすめです。綿製品ならば、汗をかいたとき乾きにくいので、体を冷やしてしまいます。

山頂は零度以下になることもあるので防寒着は忘れずに用意してください。ダウンジャケットやフリース、帽子や手袋などを持参しましょう。

スポンサーリンク

他にも、帽子やヘッドランプ、水分、すぐに食べることができるお菓子などが必要です。中でも、最も大切なものと言ったら、やはり水分ですね。山では水分はとても貴重なものです。

しかしながら、水分不足は高山病になることもありますので、少しずつ水分を補給しましょう。また、山では支払いはすべて現金です。トイレは100~300円の有料ですので、小銭も用意しておきたいものですね。

他にも地図や、サングラス、日焼け止め、薬や健康保険証、携帯電話なども用意しておくと良いでしょう。




富士山登山に山小屋の予約はしておいたほうが良い?

泊まりで富士山に登るのであれば、山小屋の予約はしておいた方が良いでしょう。予約をしていないと、混雑時などは宿泊できないこともあります。それぞれの山小屋は、4つあるそれぞれのルートの5合目以上にあります。

山小屋の宿泊者は、夕食や朝食を食べることができます。ただし、山小屋では水が貴重なので、自由に水を使うことはできません。手洗いや、洗面の水、もちろんお風呂もありません。そのため、ウェットティッシュを持参すると大変便利ですので、持参することをおすすめします。

また、すべての山小屋が男女相部屋となっています。水は購入できますが、ホテルや旅館のような設備はないので注意が必要です。このように、山小屋は、仮眠を取れる簡易宿泊所と思ってご利用くださいね。

しかし、山小屋を利用すれば、体を休めることができ、食事も摂ることができますので、また元気に登山できることでしょう。お友達と富士山登山の日程が決まったら、すぐに山小屋を予約しましょう。予約しておけば、安心して富士山登山ができますね。

まとめ

富士山の登山に最適な時期は、7月上旬から9月上旬までです。

富士山の登山に必要な装備は、登山靴・トレッキングシューズ、上下にわかれている雨具、速乾性の肌着、防寒着、帽子や手袋、ヘッドランプ、水分、お菓子、小銭、地図、サングラス、日焼け止め、薬や健康保険証、携帯電話です。

富士山登山の時には 山小屋の予約をしておいたほうが良いです。山小屋を利用すれば、体を休めることができ、食事も摂ることができますよ。

それでは、お友達と楽しく富士山登山をしてくださいね。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする