上野動物園のパンダの赤ちゃんは見れる?営業時間は?アクセス方法は?

上野動物園と言えば「パンダ」を思い出しますね。その上野動物園で、人気ものの可愛いパンダのシンシンが、今年2017年6月12日に赤ちゃんを出産したのは皆様もご存知のことでしょう。

赤ちゃんパンダを早く見てみたいと思ってらっしゃる方も多いはず。パンダは本当に可愛くていつまでも見ていたい動物ですよね。それでは、上野動物園のパンダの赤ちゃんはいつ見れるのか、上野動物園の営業時間とアクセス方法についてお伝えすることにいたしましょう。




上野動物園のパンダの赤ちゃんは見れる?

さて、誰もが楽しみにしている赤ちゃんパンダの公開は、いつぐらいになるのか気になるところですね。まだ今のところは、正式に公開の日時は発表されてはいませんが、過去を振り返ってみても、生まれて半年以内の公開が多いようです。

ちなみにアドベンチャーワールドでは、赤ちゃん公開は生まれて1カ月後ぐらいでした。上野動物園での公開はいつなのか、今から楽しみですね。

また、上野動物園の公式サイトには、赤ちゃんパンダの情報が出ていますよ。その情報によると、シンシンが産んだ赤ちゃんパンダは、毎日すくすくと成長しているようです。

赤ちゃんパンダの最新情報を確認する

成長も良く、生まれた時の体長は14.3センチ、体重は147グラムとのことでした。それから20日ほどたった7月2日には、体長23.4センチ、体重607.9グラムになったそうです。だんだんとパンダらしく耳や手足、目の周りなども黒い色がはっきりしてきました。

この20日間の成長を見るだけでも、シンシンががんばって子育てしているのがよくわかりますね。ますます可愛さが増してくる赤ちゃんパンダに早く会いたいですね。

上野動物園の営業時間は?

それでは次に上野動物園の営業時間をご紹介しましょう。開園時間は、9時30分から17時までとなっています。ただし、入園券の販売は16時までですので、時間に注意して下さいね。

入園料は高校生以上の一般は600円(65歳以上は300円)です。中学生は200円ですが、都内在住の中学生と、都内在学の中学生は無料になります。また、お子様は小学校6年生までが無料です。65歳以上の方と中学生の方は年齢の証明が必要となりますので、保険証や学生証を持参してくださいね。

スポンサーリンク

そして、休園日ですが毎週、月曜日になります。月曜日が祝日などと重なった場合は、その翌日が休園日になります。その他の休みは年末年始で、12月29日から1月1日が休園日ですのでお休みの日に注意して訪れてくださいね。




上野動物園のアクセス方法は?

さて次は、上野動物園のアクセス方法についてご案内いたします。上野動物園の入口は、表門と池之端門の2カ所があります。まずは東園の表門をご利用の場合をお伝えしましょう。

上野動物園に一番近くて便利な駅はJR上野駅です。公園口を出たら、徒歩5分の近さです。京成電鉄上野駅をご利用ならば、正面口から出て徒歩10分です。

東京メトロ銀座線・日比谷線の場合は、上野駅の7番出口を出たら徒歩12分になります。また、都営地下鉄大江戸線をご利用でしたら、上野御徒町駅のA5出口を出られて徒歩15分になります。

さて次は、西園の池之端門から入る場合です。こちらは、東京メトロ根津駅の2番出口を出て徒歩5分になります。

車でお越しになる場合は、上野動物園には残念ながら駐車場はありません。しかし、最寄りの駐車場があるのでご案内しておきましょう。最寄りの駐車場は、JR上野駅公園口の改札口の隣にあるタイムズです。または、その先にある、上野公園第1駐車場も最寄りの駐車場になります。

まとめ

上野動物園の赤ちゃんパンダの公開日は 現在のところ まだ決定していません。これまでの歴史をたどると、生後半年以内で一般公開されることが多いようです。パンダファンとしては 一刻も早くお披露目してもらいたいと願いますね。

上野動物園の営業時間は、9時30分から17時まで。入場券の販売は16時までです。

上野動物園入園料

  • 高校生以上、一般・・・600円(65歳以上は300円)
  • 中学生・・・200円(都内在住の中学生と、都内在学の中学生は無料)
  • 小学校6年生まで・・・無料

上野動物園のアクセス方法

  • JR上野駅から徒歩5分
  • 京成電鉄上野駅正面口から徒歩10分
  • 京メトロ銀座線・日比谷線上野駅7番出口から徒歩12分
  • 都営地下鉄大江戸線上野御徒町駅A5出口から徒歩15分
  • 東京メトロ根津駅2番出口から徒歩5分

駐車場はありません。

上野動物園のパンダはいつも人気者ですが、赤ちゃんパンダにも早く会いたいですね。また、上野動物園にはパンダの他にも400種類のたくさんの動物たちがいますので、ぜひご家族やお友達と訪れてみてくださいね。きっと楽しい1日になることでしょう。




スポンサーリンク