年賀状の宛名をシールにすると失礼?会社の場合や差出人だけならOK?

毎年送る年賀状の宛名を書くだけでもかなりの時間と手間がかかりますよね。そこで、宛名をシールにすると時間も手間も省けてずいぶんと年賀状作成が楽になりますよね。

でも、自分のもとに届いた年賀状が宛名シールだとちょっと寂しい気分でもありますが・・・。

そこで、今回は年賀状の宛名をシールにすると失礼にあたるのか、また、会社関係の年賀状の場合ならいいのか、差出人もシールにすると失礼にあたるのかについてお伝えします。参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

年賀状の宛名をシールにすると失礼?

年賀状の宛名をシールにするのは、マナー違反ではないですが…ズバリ失礼にあたります。

なぜ失礼にあたるのか?みなさんは、もし年賀状の宛名がシールだったら、どう思いますか?

業者や企業からならともかく、お世話になっている人、友達、仕事関連の人、親戚…など新年の大切な挨拶として、送られてくる年賀状の宛名がシールだとしたら何だか寂しい気持ちになりませんか?事務的・作業的に送られているようで、あまり嬉しい気持ちにはならないですよね。

仮に、友達から送られてきた物なら「忙しいのかな?」「年賀状の量が多くて大変なのかな?」と気心知れた仲なので理解しますが、会社関係の人や目上の人から送られてきたら「あれ?なんか嫌われてる?」と不安になってしまいますね。

マナー違反にはなりませんが、大切な人に送る年賀状は手書きで気持ちを込めて書いたほうが、送られてきた方も嬉しいと思いますよ。それが、汚い字でもいいのです。丁寧に真心込めれば必ず相手に伝わるはず。

どうしても、印刷しなくてはならないのであれば、シールではなく、ハガキ印刷にしたほうが、まだ印象は良いのではないでしょうか。

会社で出す年賀状の宛名はシールでもいい?

会社で出す年賀状の宛名はシールでもいいですか?の答えは、「シールでも問題ない」です。

個人で出す年賀状の宛名は、手書きの方が良い印象を与えますがビジネスの場面においては、問題ないでしょう。しかし、大事なお得意先やお客様には、きちんと誠意が伝わるように年賀状ソフトなどで印刷したほうが好印象ではありますね。

とはいうものの、実は宛名シールでの作成はメリットもあるんです。

例えば、最近の印刷は機能がすぐれているので、手書きで書いたかのような字体に作成してくれますよね(すごい時代になったものです)。事務的な字体よりは温かさがでます。

手書きのように、字が滲んだり、間違えたり、汚い字がバレたり…することもないですね。確実でキレイではあるので、受け取る側も嫌な気持ちにはならないでしょう。

特に、あまり重要ではない取引先(こちら側がパワーバランスが強い)や、単なる顧客先程度なら、シールでもいいでしょう。ビジネスでのやり取りなので、「シールでも構わない!」という人もいれば「シールはちょっとなぁ…」と思う人もいるかもしれません。年配の方は、もしかすると抵抗があるかもですね。

私が受け取る立場なら、仕事上のやりとりですし、あまり気にならないですね。やはり大事なのは、受け取る側がどう感じるかですよね。

スポンサーリンク

年賀状の差出人もシールでいい?

年賀状の差出人もシールでいいですか?の答えは「送る相手による」です!!

年賀状の送り先は様々です。会社の人、友達、身内…。もし、友達から差出人シールで年賀状が送られてきたら、あなたはどう思いますか?会社の人からは?最近会っていない親戚からは?

差出人をシールにすることが、決してマナー違反になるわけではありません。ただ、やはり気持ち的に良いものではないですよね?よっぽど時間がないのか、面倒くさいからなのか。そう思われても仕方ないです。

シールはメリットもありますが、デメリットもあります。まず、一番心配なのは剥がれてしまうこと。

一生懸命作成した年賀状に差出人シールを貼ったはいいものの、シールの粘着力が弱くて、剥がれてしまったらどうしましょう?「あら?この年賀状は誰からかしら?」そんなことになりかねませんよね。

自分が差出人だと分からなかったら悲しいです。新年から悲劇です。

次に心配なのは、文字が摩擦などで薄れてしまうこと。全体的に薄れて、なんて書いてあるのか読めないのも また悲劇ですよね。新年から悲劇は避けたいものです。

または、一部だけ消えてなんだか謎解きのようになっても嫌ですね。剥がれる危険性と、文字が薄れる危険性。確かに、シールだと一斉印刷して楽ではありますが、この二点のリスクを負ってまでシールにしたいと思いますか?

まとめ

年賀状の宛名をシールにすると失礼にあたるかについてお伝えしました。いかがでしたか。

年賀状は新年の挨拶です。受け取る側がどのような気持ちになるかを考えて年賀状作成をしたいものですね。いただいた年賀状を見ながら送った方の事を思い起こしてもらえるような年賀状がお互い気持ちの良い新年になりそうですね。

年賀状の宛名書きについては次の記事が参考になりますよ。是非、読んでみてくださいね。

年賀状の宛名は手書きしないと失礼?筆 ペンとボールペンどっちで書く?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする