初節句のお祝いのお返しは必要?お返しの品物は?メッセージの例文は?

今度の桃の節句で、初節句を迎えられるお子様がいらっしゃるご家庭では、お祝いをいただくことがあるかもしれませんね。

また、すでにお祝いをいただいた方もいらっしゃることでしょう。

しかし、初めてのお子様の初節句だとしたら、初節句そのもののことをよくご存じの方は少ないかもしれません。

いただいたお祝いのお返しをするべきなのか、お返しするのであれば、何を選べば良いのか、わからないことだらけなのではありませんか。

それでは、初節句のお祝いのお返しについて、お返しは必要なのか?お返しの品物とお礼状の例文をお伝えすることにいたしましょう。

スポンサーリンク

初節句のお祝いのお返しは必要?

お子様の誕生後の初めての節句を初節句と言いますね。

かわいいお孫様のために祖父母から、またご親戚などから初節句のお祝いをいただいたのではありませんか。

またご両親からは、お雛様の贈り物をいただいた方も、たくさんいらっしゃったことでしょう。

さて、ここで気になるのは初節句のお返しが必要かどうかということですよね。

一般的にはお祝いを下さったのが祖父母でしたら、初節句に一緒にお祝いの膳を囲むことがお返しになると言われています。

初節句には、お子様にとっての両家のおじい様、おばあ様をお招きして、皆様で食事会をしましょう。

しかし、親戚の方やお知り合いからお祝いをいただいた場合は、お返しした方が良いので、いただいた金額の半額から3分の1程度のお返しをするようにすればいいですね。

初節句のお祝いのお返しの品物は?

初節句のお返しは、3月3日が過ぎたら、できるだけ早くするようにしましょう。

遅くとも3月末までには、お返しを済ませたほうがいいですね。

先ほどお伝えした通り、祖父母を食事会にお呼びしたのなら祖父母へのお返しは不要です。

その食事会に、例えば親戚の方も参加なさったのなら、その方にもお返しは不要ということになります。

しかしながら、その他の親戚や、お知り合いでお祝いをいただいた方には、初節句のお返しをするには何を差し上げたら良いのか悩みますね。

実際多くの方が選ばれる品物は、お菓子や、実用的なタオル類のようです。

また、商品券や、カタログギフトを選ばれる方もたくさんいらっしゃいます。

それらのお返しは、のしに「内祝」、または「初節句祝」と書きます。

のしは紅白の蝶結びで、のしの下には子供の名前のみを書きましょう。

デパートや専門店であれば、よくご存じのはずなのでお任せすればいいですね。

また、あらかじめお礼状を投函するか、お祝いに添えると丁寧です。

お礼状と共に、初節句を迎えたお子様の写真を同封すれば、皆様に喜んでいただけることでしょう。

スポンサーリンク

初節句のお祝いのお礼状のメッセージは?

さて、初節句のお返しのお礼状ですが、どのように書けばよいかわからない…とおっしゃる方もいらっしゃることでしょう。

お礼状には、いただいたお祝いのお礼やお子様の成長の様子、そして相手の方を気遣う言葉を自分の言葉で書きましょう。

例えば、

「だんだんと日が長くなり、春らしい季節になってまいりました。
皆様におかれましては、お変わりなくお過ごしのことと存じます。
またこの度は、初節句のお祝いをいただき、ありがとうございました。
いただいたおもちゃは娘も大変気に入り、同封しました写真の通り、いつも放さずに遊んでおります。
これからも、夫婦ふたり揃って頑張って子育てしていくつもりです。
皆様もまだまだ寒い毎日が続きますので、どうぞご自愛なさってください。」

などと書きましょう。

いただいたお祝いが品物であれば、お子様と一緒に撮った写真を同封するとよりいいですね。

感謝の気持ちをご自分の言葉にして、書いてみてください。

まとめ

初節句のお祝いのお返しは必要です。

ただし、食事会に招待することがお返しになりますので、食事会に招待しない方や出席出来ない方へは お返しの品を準備しましょう。

お返しの品として、お菓子、タオル、ギフト券などを贈られる方が多いです。

3月3日を過ぎたら なるべく早めに贈ると良いですね。

熨斗には「内祝」「初節句祝」、熨斗の下には子供さんの名前だけを書きましょう。

初節句のお祝いを頂いたらすぐにお礼状を出しておくと良いですね。

お礼状には、お祝いのお礼やお子様の成長の様子、そして相手の方を気遣う言葉を自分の言葉で書きましょう。

お子様の成長と幸せを願って行う初節句。

かわいい我が子にお祝いをしてくださった方には、お返しと共に心からの感謝の気持ちを伝えたいものですね。

初節句ひな祭り食事会のメニューは?お菓子は?お土産は準備すべき?

ひな祭りのちらし寿司の由来は?おかずは?ケーキレシピは?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする