高尾山のもみじまつりはいつ?混雑する日や駐車場の混雑状況!

高尾山では毎年11月1日~30日まで「高尾山もみじまつり」を開催しています。ケーブルカー清滝駅前では土日祝日を中心に様々な催し物が行われ、多くの人出で賑わいます。また、十一丁目茶屋前ではマス酒の販売や東京こけしの実演販売など珍しい催しも行なわれますよ。

高尾山の紅葉の見頃は11月中旬から下旬にかけてで、自然を楽しみながらお祭り気分を味わえるおすすめのお祭りです。

今回は、高尾山で開催される「高尾山もみじまつり」について、日程や時間、混雑状況や駐車場情報などについてお伝えします。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

高尾山のもみじまつりはいつ?

 「高尾山もみじまつり」は紅葉が見頃を迎える11月に開催されるお祭りです。開催期間は毎年11月1日~30日までとなっています。まだ今年の開催日時は決まっていませんが、おそらく例年どおりの開催となるでしょう。

主な会場は、麓の「高尾森林センター」前、ケーブルカー乗り場「清滝駅」前、山腹の茶屋「十一丁目茶屋」前となっています。各会場で催しや露店などが開催され、自由に見て回ることができます。

お祭り期間中の土曜日、日曜日、祝日を中心に、マス酒の販売や東京こけしの実演など、各種イベントが開催されます。美しい紅葉を眺めながら、イベントを楽しむことができますよ。時間は基本的に10:00~16:00頃までです。イベントによって異なりますが、日没前には終了する日がほとんどです。

行われるイベントは、場所によって異なります。昨年のイベント内容を紹介しますので、参考にしてください。高尾森林ふれあい推進センターでは、木工クラフトが行われます。十一丁目茶屋前では、マス酒の販売や東京こけしの実演が行われました。

ケーブルカー清滝駅前では、八王子市消防団音楽隊、民踊おどり、チェロコンサート、チアダンス、大正琴、おはやし、よさこいソーラン、仮面コミカルマジックショー、童謡コンサート、大道芸、高尾山むかし話、八王子車人形などの団体によるステージイベントが開催されました。

 イベントやお祭りの詳細は、「高尾山もみじまつり」の案内ポスターとして掲示されますので、ぜひチェックしてくださいね。

高尾山のもみじまつりで最も混雑する日

 
 高尾山は紅葉の時期が最も混雑します。

11月半ばにはイロハカエデ、ブナ、オオモミジの木々が美しく色づき、その美しい景色目当てに平日休日問わず、多くの人が訪れます。高尾山の歴史と趣きを感じさせる薬王院山門や書院は、木造建築の風格と紅葉の美しさがセットで楽しめる場所で、高尾山ならではの天狗と紅葉が一緒に写真に撮れたりと、フォトスポットとしても人気です。

どの登山道を通っても周囲は紅葉に囲まれているため、どこでもゆっくりと紅葉を楽しむことができますよ。

 11月は「高尾山もみじまつり」が開催される期間ということもあり、より混雑する時期です。特にイベントが開催される土日祝日はもっとも混雑します。また、ピーク時の平日には、団体やツアーで訪れる観光客も増加するため、平日であっても混雑する日があります。

紅葉シーズンのピーク時にはケーブルカーに乗るために1時間以上並ぶ日もあるようです。駅やトイレ、売店なども混み合うため、時間に余裕をもって行動することをおすすめします。

混雑を避けるには、できるだけ朝の早い時間に高尾山口に到着するのが良いでしょう。朝8時の始発ケーブルカーに乗り、ゆっくりと紅葉を楽しんでからお昼頃に下山します。

下山するころには各会場でもみじまつりが始まっていますから、帰りがてらイベントを見て帰宅するとスムーズですよ。他の団体観光客ともピークをずらせるため、比較的混雑を避けやすくなりますと思います。

スポンサーリンク

高尾山の駐車場は混雑して駐車できない時もある?

 車で高尾山に向かう場合には、東京からの場合、中央自動車道八王子JCT経由で、圏央道高尾山ICを降りて新宿方面へ車で5分ほど行くと高尾山口駅付近に到着します。高尾山口駅の近くにはいくつか駐車場がありますので、そちらを利用することとなります。

そこに車を止めて徒歩で清滝駅に向かう流れとなります。利用できる駐車場は3箇所です。

高尾山薬王院祈祷殿駐車場

圏央道高尾山IC約5分、受付時間 8:00〜16:00、収容台数 250台、料金 500円/1日

八王子市営高尾山麓駐車場

受付時間 24時間、収容台数 80台、混雑する5月、11月は全日1000円

京王高尾山駐車場

受付時間24時間、収容台数 80台、平日最大料金は1500円、土日祝最大料金は2000円

駅周辺にある上記の駐車場は、紅葉の時期でなくても、普段から休日はほぼ空いていません。近さ重視で、どうしてもその駐車場を利用したい場合には、朝7時~8時であれば空きがありますので、利用可能です。

なるべく朝早く駐車場に着くように時間に余裕を持って、訪れることをおすすめします。もしくは、ひとつ隣駅の高尾駅に車を停めて、電車で1駅移動するという方法もあります。

高尾駅周辺の駐車場は休日でも1日最大800円〜1300円程で止めることができます。ただし、紅葉シーズンにはこちらも混雑ことが多いようです。

まとめ

今回は、高尾山で開催される「高尾山もみじまつり」について、日程や時間、混雑状況や駐車場情報などについてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

紅葉の時期は涼しいですし、登山にも適した気候の日が多いです。風が心地よい中、美しい紅葉も楽しむことができますから、ぜひ足を運んでほしい時期です。

また11月中に開催される「高尾山もみじまつり」は小さいお子様から大人まで楽しめるイベントが多く行われますから、家族みんなでピクニックを兼ねて登山へ行くというのも良いかもしれませんね。

高尾山はケーブルカーとリフトどっちがおすすめ?料金と山頂までの距離を比較!

高尾山は初心者1人でも大丈夫?ケーブルカー使う方がいい?最適なコースはココ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする