大阪アメリカ村の場所は?行き方は?安い駐車場は?

大阪にはアメリカ村と呼ばれるところがありますが、皆様はご存知でしょうか。アメリカ村ってテーマパークか何か?と思われたかもしれません。

このアメリカ村は最近できたところではなく、ずいぶん前からありますよ。若い方で賑わうアメリカ村の場所や行き方、また、安い駐車場について早速見ていきましょう。




大阪アメリカ村の場所は?

さて、それではアメリカ村の場所からご紹介することにしましょう。このアメリカ村の場所は、大阪市内のミナミと呼ばれるところに位置しています。詳しく言うと、大阪市中央区西心斎橋地区の辺りになります。

大阪の人からはアメリカ村は「アメ村」と呼ばれているのですよ。大阪のメインストリートである御堂筋の西側にあるアメリカ村は、交通の便もよくとても行きやすい場所です。

この御堂筋をはさんで東側は、心斎橋筋商店街が並び、いつもたくさんの人でいっぱいです。

アメリカ村は1960年代頃には、心斎橋筋商店街の店舗の倉庫や、駐車場として使われていました。他には会社や住宅があるだけの静かな町でした。

そのような静かな町が徐々に町づくりが進められ、今では若い方がたくさん集まる、個性的なアメリカ村となったわけです。

大阪アメリカ村の行き方は?

大阪のアメリカ村に行くには、Osaka Metro(旧 大阪地下鉄)を利用するのが一番便利な行き方と言えるでしょう。一番近い駅は「心斎橋駅」になります。

御堂筋線、もしくは長堀鶴見緑地線の心斎橋駅で下車したら、御堂筋の西側がアメリカ村になります。この心斎橋界隈は南になんば、北に本町と続いています。また、御堂筋をはさんで東側は、難波から本町まで商店街が続いています。

この商店街は戎橋商店街と心斎橋筋商店街とせんば心斎橋筋商店街と呼ばれる3つの商店街で出来ています。3つの商店街ではありますが、信号などで途中切れる部分もありますが、基本つながっています。

この商店街は、服や飲食、雑貨などなど、あらゆるお店が大集合しているところです。大阪の人は、この商店街をぶらぶらウィンドウショッピングをしながら歩く方が多いですよ。難波から心斎橋など一駅分歩くのも全然平気です。

つまり、難波からぶらぶらと商店街を楽しみながら心斎橋まで来て、アメリカ村まで行くという行き方もありますよ。もちろん本町駅から心斎橋まで歩いて、アメリカ村に行くという方法もあります。

スポンサーリンク

今では、たくさんの外国人の方もこの辺りを楽しまれるようになっています。他には四ツ橋線の四ツ橋駅で降りても、アメリカ村に行くには近い駅です。このように、いろいろな方法でアメリカ村に行くことができますよ。




大阪アメリカ村の安い駐車場は?

さて、このアメリカ村に来られるならばOsaka Metro (旧 大阪地下鉄)を利用されることをおすすめします。しかしながら、車で来られるならばもちろんいくつか駐車場はあります。

ただ、この辺りはミナミと呼ばれる繁華街で、大阪でも特に人が多いところです。当然、駐車場も安くはなく、どちらかといえばお高い地域です。

その中でも比較的安いと思われるのは大阪市が手掛けている駐車場です。御堂筋から西に進むとアメリカ村ですが、それからもっと西に進むと阪神高速道路が見えてきます。その阪神高速道路の下辺りにあるのが、「大阪市西横堀駐車場」です。

この駐車場の月曜日から金曜日までの駐車料金は、8:00~24:00までは、30分 300円です。また、24:00~8:00までは60分100円です。

そして、当日1日の最大料金は1,600円になります。これが土日祝になると時間ごとの料金は変わりませんが、当日1日の最大料金は2,600円になります。

さすがに安いわけではありませんが、アメリカ村にある駐車場の中では比較的安い方になります。車で来られた時は、便利にご利用できる駐車場と言えるでしょう。

まとめ

大阪アメリカ村の場所は、大阪市中央区西心斎橋地区の辺りです。

大阪アメリカ村への行き方は、心斎橋駅を目指して行き、御堂筋の西側に位置します。

大阪アメリカ村近くの安い駐車場は、「大阪市西横堀駐車場」です。

駐車料金

  • 8:00~24:00 30分 300円
  • 24:00~8:00 60分 100円
  • 平日最大料金 1,600円
  • 土日祝最大料金 2,600円

大阪アメリカ村の店舗総数は約2,500店もあり、若い人たちの文化の発信地となっていますが、近年、落書きの被害でも取り上げられていますね。

ファッションやアート、音楽を体感できるアメリカ村はいつも活気に満ち溢れた町です。大阪へ行かれた時にはぜひ立ち寄りたい場所の一つですね。

大阪の心斎橋のグリコの看板を見学したら 少し足を延ばしてアメリカ村まで行ってみましょう。おもしろい体験ができるかもですよ。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする