冬至にかぼちゃを食べる意味は?金運が上がるってホント?!

12月になれば冬至がやってきますね。冬至とは1年の内でも、太陽が出ている時間が一番短い日のことです。その冬至の日に欠かせないものと言えば「かぼちゃ」ですね。

今ではかぼちゃと聞くとハロウィンを連想される方が多いかもしれません。しかし、日本では古くから、冬至にはかぼちゃを召し上がるご家庭が多いですよね。

それでは今回は、冬至にかぼちゃを食べる意味、冬至にかぼちゃを食べると金運が上がると言われますがその真相について、また、いつからかぼちゃを食べる風習が始まったのか、冬至とかぼちゃについてご紹介いたしましょう。




冬至にかぼちゃを食べる意味は?

皆様は、冬至の日にはかぼちゃの煮物を作られますか。もちろん毎年のように、作られる方はたくさんいらっしゃることでしょう。しかしながら、冬至になぜかぼちゃ?と、思われた方も結構多いかもしれません。

それでは、なぜ冬至にかぼちゃを食べるのか見ていきましょう。さて、冬至は1年の内で、一番日照時間が短い日です。その上、とても寒い時期ですので、風邪予防のためにも栄養のあるものを食べるのがいいですよね。そこで栄養たっぷりのかぼちゃが昔から食べられていたようです。

またその他にも、古くから「運盛り(うんもり)」と言って、冬至には「ん」が付く食べ物が良いと言われていました。かぼちゃは漢字で書くと「南瓜」と書き、またの名を「なんきん」と呼ばれています。なんとかぼちゃは、「ん」がふたつも入っている、縁起の良い食べ物なのですね。

そのような理由から、冬至にはかぼちゃを食べるようになりました。かぼちゃの他にも、冬至には「ん」の付く食べ物を食べると良いとされています。例えばレンコン、にんじん、ぎんなん、きんかん、かんてん、うんどん(うどん)などです。

そして、これらになんきんを足して、7つで「冬至の七草」と呼ばれています。今年の冬至は、皆様も冬至の七草を食べてみてはいかがですか。

冬至にかぼちゃを食べると金運が上がる?

さて、このような理由で冬至にかぼちゃを食べる意味が、皆様にもご理解いただけたことでしょう。そして、冬至にかぼちゃを食べると金運が上がる、と言われていることはご存知でしょうか。金運が上がると聞くとちょっと気になりますよね。

先ほどもご説明した通り、冬至に「ん」のつくものを食べると運気が上がると言われています。かぼちゃ(なんきん)は「ん」がふたつも入っている上に、お金を連想する「きん」も入っていますね。

スポンサーリンク

そして、かぼちゃの色は、風水でお馴染みの金運を表す黄色ですね。このような理由から冬至にかぼちゃを食べると運気が良くなり、金運が上がると言われています。

冬至にかぼちゃを食べることで金運が良くなるならば、ぜひ、かぼちゃを食べた方が良さそうですね。そして、黄色いゆずをお風呂に浮かべて入浴したら、ますます金運が上がりそうですね。




冬至にかぼちゃを食べるのはいつから?

さて皆様は、このように冬至にかぼちゃを食べられるようになったのは、いつ頃のことと思われますか。このような習慣は、明治以降に始まったと言われています。

冬至に食べるかぼちゃは、実は夏に収穫されるものです。しかし、かぼちゃは収穫してすぐに食べるよりは、しばらく置いておいた方が美味しくなると言われています。

食料があまりなかった昔は、保存が効き、栄養価の高いかぼちゃを冬に食べるようにしていたようです。というわけで、冬の寒い日に、保存していたかぼちゃを食べるのは、昔の人の知恵からきたことのようですね。

まとめ

冬至にかぼちゃを食べる意味は、寒い時期に風邪予防のために栄養価の高い食べ物としてかぼちゃが食べられています。また、「運盛り(うんもり)」と言って、「ん」のつく食べ物を食べると良いとされていました。「南瓜」とも呼ばれるかぼちゃは「ん」が2つも付くので縁起の良い食べ物です。

冬至にかぼちゃを食べると金運が上がると言われています。「ん」が2つも入るということと、「きん」というお金を連想する文字も入ります。更には、かぼちゃの黄色は風水では金運を上げる色になっています。

冬至にかぼちゃを食べる風習は明治以降から始まりました。かぼちゃは保存が効き、栄養価の高い食べ物なので、冬の寒い時期に食べられるようになりました。

このように、冬至のことが深くわかると、いつもより冬至の日がなんだか大切な日に思えてきますね。皆様も、今年の冬至にはかぼちゃや、他の「ん」が付く食べ物をたくさん食卓に並べて、美味しく召し上がってくださいね。きっと、ご家族の皆様共々、運気が上がり金運も良くなることでしょう。

2017年冬至はいつ?日の出は何時?日の入りは何時?

冬至のお風呂にゆずを入れる理由は?輪切りが良い?丸ごと?利用法は?




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする