京都みどり農園のアクセスとバーベキューについての口コミをご紹介!

京都のみどり農園には、職場の同僚と6~7人と一緒に行ってました。

提案した人が「秋なので味覚狩りに行きたい!」と、職場の同じ病棟で働いている休みが合う人に声を掛けて、設定した日に予定が空いていたメンバーで行くことになりました。

一緒に行ったメンバーは医師、看護師、医療事務、リハビリ専門職と、職種はバラバラで、提案した子の声の掛けやすい同僚と行ったので、普段そこまで話をしたことのない人やプライベートで会ったことの無い人も居ました。

京都のみどり農園のアクセスとバーベキューの口コミをご紹介します。

スポンサーリンク

京都みどり農園のアクセス

京都のみどり農園の基本情報

住所:京都府綴喜郡井手町多賀小払1

電話:0774-82-2654 または 090-3160-0937

営業時間:平日 10:00~16:00、土日祝 10:00~17:00

定休日:期間中無休

駐車場:80台 無料

みどり農園へは最寄駅まで電車、駅からみどり農園まで徒歩で行きました。

最寄駅のJR山城多賀駅からみどり農園までは歩いて15分程で到着しました。

一緒に行ったメンバーは皆、住まいがバラバラで、車を持っている人も居なかった為、最寄のJR山城多賀駅で待ち合わせをする事にしました。

いまどき珍しい無人駅で、ICCOCAにチャージしていなかった為、山城多賀駅についてからチャージしようと思っていたのに、改札の中にチャージできる乗り越し精算機が無く、仕方なく改札を抜けて切符売り場でチャージしてから再び改札の中に入って改札機にタッチしました。

京都みどり農園の料金

京都みどり農園は、時期によってコースが設定されており、全コース予約制です。

そのコースごとに大人3500円(税別)、子供3000円(税別)かかり、私たちが行ったのは秋で秋コースを選択しました。嬉しいお土産付きでした。お土産はその時期によって変わります。

いくらかかったか記憶があいまいですが、屋根つきの屋外でバーベキューをしてキノコごはんを食べ、いもほり、しいたけ狩り、柿・みかん狩りをして、栗が栗拾いエリアではないところに転がっていたのでその栗も持ち帰りました。

コースに設定されたもの以外は追加料金が発生するようです。

スポンサーリンク

京都みどり農園のバーベキュー

京都のみどり農園には、果物狩り目的で行ったのですが、ぶどうや柿、みかんといった果物の他に、栗ひろい、しいたけ狩り、芋ほりもあり、秋の味覚狩りを楽しむことができました。

野外バーベキューやきのこごはん等がコース料金に含まれているので、味覚狩りだけではなく食事も含めて1日楽しめました。

柿・みかんは食べ放題で、いもほりやしいたけ狩りは料金を払えばお土産が持って帰れたので、お財布と相談しながら、また大荷物にならないようにしながら持って帰る物を決めました。

なんといっても私は採りたてのしいたけを持って帰って調理した時の美味しさが印象的です。

野外バーベキューというものの、屋根があってその屋根が野外という感じではなかったので、バーベキューをしている時のアウトドア感はあまりなかったです。

私たちはあまり苦にならなかったものの、電車で行く場合には駅から徒歩15分かかったうえに園内も収穫するものそれぞれのエリアまで歩いて移動する距離がまぁまぁありました。

みかん狩りエリアはみかんが植わっているところが結構な坂になっているので、小さい子供さんは疲れるかもしれませんね。

最後に

みどり農園から駅まで歩く道のりに鹿料理屋さんなのか、水槽に狩猟でとった鹿が真っ逆さまに漬けられていて衝撃的な光景を見ました。

死後硬直なのか、鹿は脚がピーンと張っていて、遠目にみると何かの人形のようだったけれど、近づいたら本物の鹿で、血を抜くため?流すため?に水槽で流水につけられていました。

味覚狩りの思い出が一部吹っ飛んでしまうほどインパクトの強い衝撃的な出来事でした。

最寄駅の山城多賀駅が無人駅で改札を抜ける前にICCOCAにチャージができず、隣の駅の駅員さんに繋がるという電話をかけたものの繋がらず、いまどき無人駅も珍しいなと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする