目の紫外線対策にサングラスは必要?何色が良い?大きさは?

毎年夏になると、本当に日差しがきつくて紫外線が気になりますよね。紫外線は肌だけでなく、目に対しての対策も必要です。そこで目の紫外線対策に効果的なものと言えば「サングラス」が思いつきますよね。

ところで、皆様はすでにサングラスをご使用になられていますか。サングラスをご使用になられているほとんどの方は、サングラスで目を守っているから大丈夫、とお考えのことでしょう。しかしながら、サングラスにも様々なものがありますよね。

それでは目の紫外線対策としてのサングラスの必要性や色、大きさについて見ていきましょう。




目の紫外線対策にサングラスは必要?

真夏の日差しは他の季節とは違って、眩しくて困ったものですよね。しかし、目を開けていられないほどの太陽の光にも、サングラスがあれば安心です。実際、目にとって紫外線を受けることはよくありません。

というわけで、目の紫外線対策としてサングラスを使用するのはとても有効なことです。そもそも目には紫外線を防ぐ働きがありますので、普段の生活で紫外線を受けてもさほど問題はありません。

しかしながら、長時間の外での仕事や、スポーツ、海水浴などのレジャーをするのであれば注意が必要です。なぜならば、長時間の強い紫外線は、白内障や黄斑変性になることがあるからなのです。長時間、太陽の下にいる場合は、サングラスをご使用されることをおすすめします。

目の紫外線対策のサングラスは何色が良い?

さて、サングラスを選ぶときに迷ってしまうのは「色」ですよね。とても眩しい太陽をさえぎるのに、濃い色を選んでしまう方もいらっしゃるかもしれません。しかし、サングラスは色の濃いものよりも、薄いものの方が紫外線対策になりますよ。

色の濃いサングラスが大好きな方も、目の紫外線対策として選ぶならば色の薄いサングラスを選んでください。なぜ色の薄いサングラスを選んだ方が良いのかというと、それは目の仕組みに関係があります。

スポンサーリンク

目というものは、暗いところでは瞳孔が開き、多くの光を取り込みます。また反対に、明るいところでは瞳孔は小さくなり、光を多く取り込まないようにします。

つまり、濃い色のサングラスは瞳孔を開かせてしまい、たくさんの紫外線を目に取り込んでしまうからなのです。それでは目の紫外線対策どころか、目に良くありませんよね。

色の濃いサングラスは、この様な理由でおすすめはできません。サングラスを購入される時は、ぜひ色に注意してくださいね。




目の紫外線対策のサングラスの大きさは?

さて、サングラスを選ばれる時は、色に注意をしなくてはならないことをご説明しました。もうひとつ気になることと言えば、サングラスの大きさですよね。

通常のメガネと違って、紫外線対策として使うサングラスは、ある程度大きさのあるものの方が望ましいでしょう。大きめの方が、サングラスの上下、また横側からも紫外線が入りにくく、より紫外線対策になります。

また、その他にも、レンズはUVカット機能が付いたものがおすすめです。紫外線透過率の低い、表示が「UV400」のものを選んでください。UV400は紫外線の波長が400nmまでをカットします。

驚いたことに、UV400のレンズは紫外線を99%カットしてくれますよ。UV380もありますが、こちらは紫外線を90%カットします。できることならUV400を選ぶと安心ですね。

まとめ

目に紫外線対策にサングラスは必要です。

目の紫外線対策用のサングラスの色は薄い色を選びましょう。濃い色のサングラスは瞳孔を開かせてしまうので、かえって太陽の光を多く取り込みやすくなります。

目の紫外線対策用のサングラスの大きさは大きいものが良いです。さらには、UVカット機能があるもので「UV400」の表示のものを選びましょう。

さて、紫外線対策としてのサングラスをご紹介しました。目の紫外線対策として、サングラスをまだお持ちでない方はご購入するのを検討されてはいかがでしょうか。

ポイントはレンズの色が薄く、大き目のUV400のものです。サングラスはひとつ持っていると、とても便利。皆様も、サングラスで目の紫外線対策をして、大切な目を守ってくださいね。




スポンサーリンク